スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

魚見桜の蘊蓄 ⑦

魚見桜の蘊蓄⑦

 

ハモ漁を憂う

 

 伊予灘で豊漁が続いたハモ漁に陰りが見え始めた。今や、京都祇園祭りには欠かせないハモ料理だが、国内の産地は移り変わりが激しい。

195.JPG

 昭和のはじめは、東シナ海が全盛期だったが、かまぼこ原料として重宝された。その後、玄界灘~周防灘が主漁場となり、それを京都に送り、ハモ料理 として花開いた。

 さらに漁場は移り、紀伊水道由来の徳島湾と豊後水道由来の伊予灘へと変わった。

 

別府湾で採集されたハモの赤ちゃんの実物
乾燥標本(201338日底曳網)

 

伊予灘での操業は、大分杵築と日出の底曳船が出漁し、2006年頃から豊漁となった。

 ハモの稚魚は、柳の葉に似たレプトケファレスという状態で生まれて、12年は岸近くで育ち、その後、沖合の深場に移動し、雌は、最高齢15歳で、4kgにも達する。

 ここ別府湾でも、多くの赤ちゃん(レプトケファレス)が見つかっている(写真)。この赤ちゃんを大切に守ることでハモ漁は維持される。しかしながら、近年 は、シラス漁で混獲されることが多く、魚見桜の憂いは増すばかりだ。 

 

 7月の朝市調査は、723日 大暑に行った。この日は、大暑に相応しく、早朝から太陽の日差しが厳しい。

168.JPG

 

 この日、セリ場に水揚げされた魚介類は全部で68種。これは先月より6種多い。その内訳を函数でみると、魚類が66.2%を占めて最も多く、次いで、甲殻類19.3%そして軟体類14.5%の順となった。

 水揚げ魚のランキング(ベスト10)を表に示した。

 
夏休みの小学生が魚の勉強 

 

表 水揚げ魚のランキング(ベスト10

順 位

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

種 名

マサバ

マダコ

マダイ

サルエビ

サワラ

アカエビ

カワハギ

ヤリイカ

クルマエビ

ウチワエビ

函 数

83

45

41

41

35

18

10

9

7

7

 

 

ランキングに入った魚種の内訳は、魚類が4種、甲殻類が4種そして軟体類が2種で、先月に比べて魚類が3種減り、代わって甲殻類が3種増えた。種別では、マアジが先月第3位から首位に躍進し、第2位にはマダコが7位からの大健闘。第3位マダイも12函増。

 小型エビ群の代表サルエビは、先月第1位からの転落だが、直販扱いが多い。同じ小型エビ類アカエビは例年夏に多い。

 その他甲殻類ではクルマエビが第8位、ウチワエビが9位と健闘し、ベストテン入りを果たした。

月に、例年になく来遊が多かったウチダトビウオは、ほぼ終漁し、代わってサワラが第5位に浮上した。

 

6月のランキング魚


071.JPG


150.JPG


094.JPG

ランキング1位:マアジ

ランキング2位:マダコ

3位:マダイ


039.JPG


038.JPG


025.JPG

4位:サルエビ

6位:アカエビ

9位:クルマエビ

 

月~月とマコガレイの水揚げ量が例年になく多かったが、今年の漁期がほぼ終漁した。

代わって秋漁の主役を演じるイボダイがお目見えした。

 

 

珍魚の来遊

133.JPG 178.JPG 

マツダイ                    ツバメコノシロ

 

夏休み 親子で学ぶ 海の幸

お問い合わせ
農林水産課
電話:0977-73-3127/FAX:0977-73-3169
関連情報
企業広告バナー
バナー広告掲載について
このページの先頭へ