スマートフォン版を見る

城下かれい


 

将軍にも献上された誉れの高級魚


 鹿鳴越連山に降り注いだ雨が長い年月をかけ町内のいたるところに良質の水となって湧いています。日出城址から見渡す別府湾の海中にも清水が湧くところがあり、そこに育つマコガレイは、他の場所のものとは異なった特徴を持ちます。これが全国に知られる「城下(しろした)かれい」です。

 「城下かれい」の美味しさは古くから知られ、江戸時代、日出藩において特に珍重された歴史を持ちます。当時は一般の人々が口にすることができなかった殿様魚で、参勤交代の際には将軍家へ干物を献上し、4年に1度の閏年には端午の節句に間に合 うように生きたカレイを江戸まで運んだといわれます。
 

食通を唸らせる極上の味わい


 特殊な環境下で生育する「城下かれい」には、
・清水の湧く海底に生息するため泥臭みが無い
・尾びれが角ばっていない
・形が丸々としていて、頭部が比較的小さい
などの特徴が挙げられます。

  美食家・木下兼次郎が昭和12年(1937)に著した『続・美味求真』では、「この魚の特徴は、肉質やわらかく色が純白で、少しの生くささも無いことである。これを刺身にすれば光沢があって青水晶のごとく、香味優逸にして確かに魚介の首位に推すべきである。」と絶賛しています。

 城下かれいの調理方法はさまざま。刺身、にぎり寿司、煮付け、天ぷら、唐揚げなど、和食の調理方法すべてにおいてその美味しさが際立ち、食す人を魅了します。

 日出町内には城下かれい料理を取り扱う料理店が軒を連ねており、城下かれいの美味しいシーズンになると、この「天下の美味」を求めて多くのお客でにぎわいます。お店で楽しめる料理には、本格的な会席料理から手頃なランチセットまであり、ご予算に応じてお楽しみいただけます。

 「城下かれい」は4月から9月くらいにかけてがシーズンです。
 
特に5~7月頃が最も美味しい時期といわれます。
 
 


城下かれい料理を食べることができるお店(クリック)

  • ひじナビ
  • おんせん県おおいた
  • 的山荘
  • 二階堂美術館
  • 大神ファーム
  • ハーモニーランド
  • 大神回天基地
  • 豊の国千年ロマン観光圏
  • オラショ巡礼の道
  • JAFナビ
このページの先頭へ