スマートフォン版を見る

口座振替について

口座振替とは

金融機関およびゆうちょ銀行・郵便局のご指定の口座から各納期の最終日に自動的に振替え(引落し)て納税する方法です。

便利な口座振替

○納期ごとに納めに行く手間が省けます。
○納期を忘れても慌てる心配がありません。
○納税のために現金を持ち歩く必要がなくなります。
○一度手続きをすれば、翌年以降も自動的に振替が更新されます。

口座振替がご利用できる税目

  • 町県民税
  • 固定資産税
  • 国民健康保険税
  • 軽自動車税
  • 介護保険料
  • 後期高齢者医療保険料

口座振替がご利用できる使用料等

  • 上水道料金
  • 下水道料金
  • 簡易水道料金
  • 町営住宅使用料
  • 保育料

口座振替をご利用できる金融機関、および、ゆうちょ銀行

大分銀行 豊和銀行 ゆうちょ銀行・郵便局
大分みらい信用金庫 大分県信用組合 べっぷ日出農業協同組合
大分県漁協同組合    
 

お申込み方法

金融機関窓口でのお申込み

町内の金融機関、および、ゆうちょ銀行・郵便局の窓口に、『町税等預金口座振替依頼書・自動払込受付通知書兼廃止届』(3枚綴りの用紙)を用意しています。必要事項を記入・押印後、該当の金融機関、およびゆうちょ銀行・郵便局窓口へ提出してください。お申込みの際は、預貯金の通帳と届出印を持参してください。
また、用紙は、役場税務課でも受け取ることができます。 

※キャッシュカードでのお申し込みはこちらのサイト(口座振替手続きがキャッシュカードでできます)をご確認ください。

 
原則として各納期限日の1ヶ月前までにお申込みください。手続きが間に合わない場合、次の納期からの振替となります。

お申し込みについての注意点

1.通常は、一度の手続きで翌年度以降も口座振替は継続されますが、次の場合は、改めて手続きが必要です。 

○納税義務者が変更になった場合
固定資産税・軽自動車税において
・所有者が変更になったとき(譲渡や相続など)
・共有者の代表者が変更になったとき

国民健康保険税において
・世帯主が変更になったとき
2.口座振替をご利用の方が、町県民税の特別徴収(給料からの天引き)、または、国民健康保険税・介護保険料・後期高齢者医療保険料の特別徴収(年金からの天引き)に該当した場合は、口座振替はされません。

3.年度途中の前納一括払いはできません。
  

振替日

各納期月の最終日(ただし12月は25日、なお、最終日が土・日・祝日の場合は翌営業日となります。)
平成28年度の町税等の各納期月につきましては、こちらのサイト(町税の納付)をご確認ください。

 
○振替できなかった場合
再振替は行っておりません。

後日、口座振替不能通知書兼納付書をお送りしますので、納付書に記載されている金融機関等の窓口でご納付をお願いします。

納税通知書について

今までどおり送付します。
納税通知書には、今年度支払う税額や振替口座先等を記入していますので、ご確認ください。
なお、納付書は同封しておりません。 

口座振替の口座の変更・解約について

変更
口座振替の変更は、新しく振替を希望される金融機関、または、ゆうちょ銀行・郵便局の窓口で手続きをしてください。
手続きが完了するまでは、変更前の口座から振替されます。2重に振替えることはありません。
解約
口座振替の解約は、利用している金融機関、またはゆうちょ銀行・郵便局の窓口で手続きをしてください。
 
お問い合わせ
税務課
電話:0977-73-3123/FAX:0977-72-7294
企業広告バナー
バナー広告掲載について