スマートフォン版を見る

不妊治療費助成

〈 大分県不妊治療費助成 〉
 大分県、日出町が一緒に助成します!!



◆助成対象者
 ・不妊症で治療が必要と診断された夫婦
 ・治療開始時に法律上の夫婦であること
 ・夫婦の合計所得が730万円未満
 ・夫婦のいずれかが大分県内に居住(要住民登録)

◆助成対象治療及び助成金額
 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
 ・新鮮胚移植 上限30万円/回(国15万円、県7.5万円、町7.5万円)
 ・凍結胚移植 上限39万円/回(国15万円、県12万円、町12万円)
 ・凍結胚移植(採卵なし) 上限7.5万円/回(国)
 ・受精できず(採卵あり) 上限15万円/回(国)
 ・移植できず(採卵あり) 上限15万円/回(国)
 ・卵が得られず(採卵あり)上限7.5万円/回(国)

 ・手術的精子回収術 上限19万円/1回のみ(県9.5万円、町9.5万円)
  ※特定不妊治療の助成対象治療と同時申請が必要

◆助成回数要件
 ・40歳未満で治療開始 通算6回まで
 ・40歳以上で治療開始 通算3回まで

◆必要な書類
 ・大分県特定不妊治療費等助成金給付申請書
 ・大分県特定不妊治療費等助成給付申請に係る同意書
 ・医療実施証明書
 ・治療にかかる証明書の写し
 ・住民票
 ・戸籍謄本
 ・所得証明書(夫婦それぞれ)
 ・その他(県外・大分市居住についての申立書/精巣内精子回収術実施証明書)

◆申請期限
 治療を受けた日の属する年度末の末日まで


◆経過措置
 平成27年9月30日までに終了した下記の治療に限り、
 平成28年3月31日までに申請したものについては従来どおり助成します。
 〈(対象治療費-県助成分)の2分の1。上限10万円〉

・凍結胚移植(採卵なし) ・受精できず(採卵あり) 
 ・移植できず(採卵あり) ・卵が得られず(採卵あり)  ※治療種別C ~ F
詳しくは日出町福祉対策課子育て支援係まで 



〈 日出町一般不妊治療助成 〉

◆助成対象者
 ・不妊症で治療が必要と診断された夫婦
 ・治療開始時に法律上の夫婦であること
 ・夫婦またはどちらか一方が申請時に日出町に住所を有する者

◆助成対象治療及び助成金
 人工授精 上限3万円/回

◆助成回数要件
 通算3回まで
 ※年齢制限、所得制限なし

◆必要な書類
 ・日出町一般不妊治療費助成金交付申請書
 ・日出町一般不妊治療費助成金に係る医療実施証明書
 ・不妊治療費の領収書
 ・日出町一般不妊治療費助成金に係る調剤支払証明書
  ※該当がある場合
 ・住民票
 ・戸籍謄本

◆申請先
 日出町福祉対策課 子育て支援係

◆申請期間
 治療が終了した日の属する月の翌月から起算して1年以内