スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

水道は誰のもの?

>>日出町の上下水道TOP   

 

 「水道が故障したら町で直してくれますよね?」という話をよく聞きます。確かに、上下水道=公共施設という認識も間違いではありませんが、ご家庭の蛇口や排水口から上下水道本管につながるまでの一部分は皆さんの所有物になるため、その維持管理もご自分で行っていただくことになっています。では、その管理区分について詳細にご説明しましょう。


 下の図をご覧ください。図の上段に所有区分(誰の持ち物か)、下段に修繕区分(誰が修理するのか)が記載されていて、青が町、黄色がお客様に色分けされています。

 道路の下に水道本管が通っていて、本管に設置された分水栓から給水管を通じてご家庭の蛇口まで水を供給しています。この分水栓から蛇口までを「給水装置」といいお客様の所有物になります。(止水栓、量水器を除く)

 ここで、図の下段の修繕区分を見ていただきたいのですが、水道本管からメーターまでは町が修理する範囲となっています。なぜでしょうか?もし、給水管に故障が発生した場合、修理するためには道路や歩道など町が所有する工作物を撤去してから行わなければなりません。実際問題お客様にそこまでの負担を強いるのは難しいため、この部分についてはお客様自身の所有物でありながら、町が修繕を行うものとします。(メータボックスはお客様自身で修理してもらうことになります。)

 





 つづいて下水道について説明しましょう。下水道本管から公共ます(基本的にはフタに町のマークがついています)までが町の所有物で、そこから家庭内の排水口につながる私設ますと排水管はお客様の所有物となっています。上水道とは違って所有区分と修繕区分が一致しているのでわかりやすいですね。


 

お問い合わせ
上下水道課
電話:0977-73-3134/FAX:0977-73-0843
このページを見た人はこんなページも見ています。
企業広告バナー
バナー広告掲載について