スマートフォン版を見る

昆布巻き

こんぶ(こぶ)は古くは広布(ひろめ)といい、また蝦夷(北海道)でとれるので
夷子布(えびすめ)とも呼ばれました。「夷―えびすー」を七福神の恵比寿にかけて、
福が授かるようにという願いがこめられているようです。
また、ひろめは「広がる」に、こんぶは「よろこぶ」や「子生(こぶ)」で子が生まれる
という語呂合わせで、縁起物になっているそうです。

材料(1人分)
早煮こんぶ     1枚
鮭         30g
かんぴょう     5g
酒         8cc
みりん      小さじ1
砂糖       小さじ1/2
醤油       大さじ1/4 

作り方
①早煮こんぶ:たっぷりの水に15~20分つけてやわらかくもどす。
       (戻し汁も使う)適当な長さに切る。
 鮭:皮と骨を取り除き、半分に切り、昆布の枚数に切りわける。
 かんぴょう:酢少々をくわえた水に15~20分つけてやわらかくして、
       20cmくらいの長さに切る。
②昆布の水気を切り、鮭をきつめに巻く。
 2ヶ所をかんぴょうで少しゆるめに結ぶ。(煮ると昆布がふくらみます)
③鍋に結び目を下にして並べ、酒・昆布の戻し汁をかぶるくらい加える。
④落し蓋をして弱めの中火で30~40分煮る。
 (竹串がスッと通るまで煮る。煮汁がなくなれば、昆布の戻し汁か水を足す)
⑤砂糖、醤油(分量の2/3量)を加えて20分ほど煮る。
 さらにみりん・しょうゆ(分量の1/3量)を加えて5分煮、火を止める。
 盛り付けるときに半分に切る。

一人分の栄養価

エネルギー     123kcal
たんぱく質     6.7g
脂質        4.8g
カルシウム     28mg
食塩相当量    0.3g

このページの先頭へ