スマートフォン版を見る

お家で学校給食(トリニータ丼)を食べてみよう!

 桜もいつの間にか葉桜に代わり、新学期も半ばに入りましたが、
子どもさんは学校や園での生活を楽しんでいますか?!
小中学校や幼稚園では、給食も始まっています。
そこで、今回は日出町立川崎小学校 学校給食センター 栄養教諭 酒井 直子 さん
にお話を聞き、「給食センターから学校給食メニューの紹介」をしていただきました。

大分県内の学校給食で大人気の「トリニータ丼」をご紹介します。
大分市内の学校給食で、特産のニラをたくさん食べてほしいと考えられたメニューです。
子どもたちに人気の唐揚げをニラと一緒に甘辛いタレで煮て、ご飯にのせて食べる料理です。
「鶏ニラ丼」から「トリニータ丼」という名前になったそうです。
日出町もニラの生産が盛んなので、学校給食にもよく登場します。

<トリニータ丼>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料:5人分
・鶏もも肉   500g    タレ
・塩・こしょう 少々       ・おろししょうが  小さじ半
・酒      小さじ2     ・おろしにんにく  小さじ半
・でんぷん   適量      ・砂糖       大さじ2
・揚げ油    適量      ・濃口しょうゆ   大さじ2
・ニラ      半束      ・みりん      小さじ1
                  ・テンメンジャン  少々
                  ・トウバンジャン  少々
                  ・ごま油      少々
                  ・水         大さじ2
                  

作り方
➀もも肉は、角切りし下味をつけておく。
➁でんぷんを肉にまぶし、油で揚げる。
➂タレの材料を煮立たせ、2~3㎝に切ったニラを加え、ひと煮たちさせ、ごま油を入れる。
➃➂に揚げたての肉をからめ、ごはんにかけて食べる。

*お好みでタレの量を増やしてもおいしいです。
*ニラは、色が変わりやすいので煮すぎないようにしましょう。  

このページの先頭へ