スマートフォン版を見る

日出町の新たな特産「鱧」を食べてみましょう

 湯引きなどで有名な鱧は京料理に欠かせない高級食材です。
大分県内では、中津の鱧が有名ですが、近年では日出でも漁獲量が上がっており、
東京の築地市場などに出荷されて高い評価を得ているそうです。
 また、日出漁協では「日出の鱧」を町の新たな名産にしようと活動中のようです。
まずは、町内の家庭に鱧を普及させ、消費拡大を図りたいと張り切っているそうです。

鱧は、骨切りが難しく、素人が扱うにはとても難しいですが、最近は骨切りされた物を
町内のスーパーで見かけます。
おいしい蒲焼きのレシピを紹介します、ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

130820_1212

<ハモの蒲焼き丼>

 
材料 1人分
米 75g
ハモ切り身 80g
タレ
 みりん 大さじ1
 酒 小さじ1
 砂糖 13g
 醤油 大さじ1
大葉 1枚
ハモの頭、中骨 適量

(作り方)
➀ごはんを炊く。
➁骨切りしたハモの身は、竹ぐしを打つ。
➂タレを作る。
 ハモの頭と中骨をグリルでよく焼く。
 みりんと酒をあわせ、強火で沸騰させる。
 よく焼いた頭と中骨を入れる。
 砂糖を溶かす。
 醤油を入れて再度沸騰させる。極弱火で15~20分煮つめる。
 あくとりをして、濾過して素早く冷ます。
➃ハモの両面を焼き、切り分ける
➄➃をタレに煮からめる。

*ハモの頭と中骨は、手に入れば、焼いてタレと一緒に煮ることで、とてもおいしい本格的なタレができあがります。
*ハモは、竹串を使わずに、フライパンで焼いても焼くことができました。

130820_1206

このページの先頭へ