スマートフォン版を見る

ちょっと変わった蒸し餃子を作ってみました

 11月に入り、寒さを感じる季節がやってきました。温かい食べ物が恋しくなってきますね。
そんなときに、熱~い蒸し餃子はいかがですか?
定番の焼餃子ではなく、蒸し餃子にして、中身もちょっと変えてみました。

131119_0640

<蒸し餃子>
(材料)1人分
豚ひき肉:30g
ツナ缶詰:20g
木綿豆腐:20g
干し椎茸:1/2枚
白菜:10g
玉ねぎ:10g
生姜:少々
餃子の皮:10枚
白菜の葉:適量

(作り方)
➀ツナ缶詰は少し汁気を切る、木綿豆腐は水気を切っておく。
 白菜・玉ねぎ・干し椎茸はみじん切りにする。
 生姜はすりおろす。
➁ボウルにひき肉と➀を入れてよく混ぜておく。
➂餃子の皮に➁をのせて包んで形を整える。
➃湯気のあがった蒸し器に白菜の葉を敷いて➂を並べて5~6分くらい蒸す。

*白菜を下に敷くと、餃子が蒸し器の底につきません。蒸し終わったら、餃子と一緒に食べてください。

*写真は、蒸し前のものです。
<餃子の包み方>
 風車(写真下段)➀皮に具をのせ、皮のフチに水をつける。皮を上に持ち上げるようにして
          両手の人差し指と親指で十字になるようにとじる。
         ➁余った皮を時計回りにたおす。
 お花(写真上段)➀皮に具をのせ、皮のフチに水をつける。皮のフチを持ち上げながらつまむ
          ようにして5カ所を閉じ、花びらを作る。
         ➁底を平らにしたらできあがり。

(タレ)
(材料)1人分
白ネギ:5g
醤油:5cc
酒:5cc
昆布:0.5g
かつお節:0.5g
かぼす果汁:10cc

(作り方)
➀白ネギはみじん切りにする。
➁刻んだネギをボウルに入れ、醤油、酒、昆布、かつお節をまぜ合わせて
 冷蔵庫で30分くらいおく。
➂➁の昆布とかつお節を除いて、かぼすの搾り汁を加えてまぜ合わせる。
 蒸し餃子につけていただく。

*餃子だけでなく、何にでも合いそうです。

(1人分の栄養価)
エネルギー:254㎉
たんぱく質:15.0g
脂質:10.3g
カルシウム:51mg
食塩相当量:1.7g

このページの先頭へ