スマートフォン版を見る

ひじまち食堂が臨時開店をしていました

9月28日に日出町中央公民館で開催された「カロリ-ぴったり大作戦2014」
の中で、ひじまち食堂がこっそり開店しておりました。
9月は食生活改善普及月間でしたので、そのPRも兼ねていました。

食堂では、米粉のクラッカーを2種類をおやつとして提供されました。

米粉のクラッカー

そのレシピをご紹介します。
「キャベツとごまの米粉クラッカー」
(作りやすい分量)
■キャベツ 30g
■水    大さじ1
■米粉   50g
■片栗粉  10g
■砂糖   大さじ1
■塩    少々
■オリーブ油 大さじ1
■白ごま   大さじ1
(作り方)
①キャベツは洗って、あらみじん切りにし、ぬれたままラップで包み、電子レンジで2分ほど加熱し、ミキサーで粉砕する。
②袋に米粉、片栗粉、砂糖、塩を入れよく混ぜる。さらに①、オリーブオイル、白ごまを加えてよく混ぜる。
③袋ごと、うすくのばして切り分けて、160度のオーブンで15~20分焼く。

「人参とトマトと玉ねぎの米粉クラッカー」
(作りやすい分量)
■人参  20g
■玉ねぎ 15g
■水   大さじ2
■米粉  50g
■コーンスターチ  10g
■塩  1g
■オリーブ油   大さじ1
■トマトジュース 大さじ1
■白ごま 大さじ1
(作り方)
①人参と玉ねぎは電子レンジで加熱し、水を加えミキサーで粉砕する。
②袋に米粉とコーンスターチ、塩をよく混ぜる。
さらに、①・オリーブ油、トマトジュース、ごまを入れてよく混ぜる。
③袋ごと、うすくのばして、切り分けて、160度のオーブンで15~20分焼く。

★ごまの厚さと同じくらいにごくごく薄くのばして、きつね色になるくらいまで
 しっかり焼き上げるとおいしくできあがり、やみつきになるおいしさです。
★オリーブオイルは、全部入れてしまわずに調節してください。

このページの先頭へ