スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

熱中症にご注意を!!

熱中症にご注意を!!
 
   熱中症は気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さになれていない時は注意が必要です。
 
■熱中症とは
   熱中症とは、高い気温や高い湿度の中で、体温の調節ができずに体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体調不良となる状態をいいます。


 
■熱中症の症状
   熱中症の重症度を「具体的な治療の必要性」の観点から、1度(現場での応急処置で対応できる軽症)、2度(病院への搬送を必要とする中等症)、3度(入院して集中治療の必要性のある重症)に分類されています。(環境省 熱中症環境保健マニュアルより)
 
重症度 主な症状 対処方法
1度
めまい、立ちくらみ
筋肉痛、筋肉のこむら返り
大量の発汗
・涼しい所に避難させましょう
・衣服をゆるめましょう
・水分・塩分を補給しましょう
2度
頭痛、気分の不快
吐き気、嘔吐
体がだるい、体に力が入らない
(熱中症1度の対処法に加えて)
・足を高くして休みましょう
・自分で水分・塩分がとれないようならすぐに病院へ
3度
意識がない、高い体温
体がガクガクとひきつける(けいれん)
呼びかけに対し、返事がおかしい
まっすぐに歩けない・走れない
すぐに救急車を呼びましょう!
救急車が到着するまで、熱中症1度、2度の対処法にて、応急処置をおこなってください
上記に加えて、水や氷で体を冷やしましょう(首・わきの下・足の付け根など)



 
■熱中症の予防法
1.エアコンや扇風機を上手に使いましょう
   室内でも熱中症になることがあります。室温が28度を超えないようエアコンや扇風機を上手に使いましょう。

2.暑くなる日は注意しましょう
   熱中症は、暑い環境に長時間さらされることにより発症します。また、湿度が高いと汗の蒸発が妨げられ、体温が上昇しやすくなります。猛暑の時は、早めに涼しいところに避難しましょう。

3.水分はこまめに補給しましょう
   のどの渇きを感じる前に水分を補給しましょう。また、大量の汗をかいたら、水分とともに塩分もとりましょう。

4.「おかしい!?」と思ったら病院へ
   熱中症は命が危険になることもあります。「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

5.周りの人にも気配りを
   ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調にも気を配りましょう。
 
 
■高齢者や乳幼児は特にご注意を!
   乳幼児は、体温調節機能がまだ十分発達していないため、特に注意が必要です。また、地面の照り返しにより大人が感じる以上に暑くなるので、熱中症のリスクが高まります。
 
  1.子どもをよく観察しましょう
   顔が赤く、たくさん汗をかいている場合には、体温がかなり上がっています。
      ○涼しい場所で水分を補給しましょう。
      ○脱水症状のサイン:くちびるの乾燥、尿量の減少など

2.こまめに水分補給をしましょう
   子どもがいつでも水分をとれるようにしましょう。また、食事をきちんととりましょう。(食事をとることで、水分と塩分の補給になります。)

3.車内に子どもを置き去りにしないようにしましょう
   毎年、暑い時期になると、車内に放置された子どもが熱中症で亡くなる事故が発生しています。短時間であっても、車内は50度以上の高温になることもあり、子どもの命に関わる危険性があります。

4.服装を選びましょう
   熱がこもりにくく、体温調節がしやすい服装を選ぶようにしましょう。
      ○風通しがよく、吸湿性・通気性のよいものを着せましょう。
      ○外出時は防止や日傘などで日よけをしましょう。

5.日頃から暑さに慣れさせましょう
   規則正しい生活習慣による体調管理のほか、普段から運動や入浴で発汗の習慣をつけておくことで、体が暑さに備える機能が高まります。

      
   高齢者は温度に対する感覚が弱くなるために、室内でも熱中症になることがあります。
 
  1.エアコンや扇風機を使って温度調節しましょう。

2.のどがかわいていなくてもこまめに水分を摂るようにしましょう。
 (病気などで、塩分や水分制限を受けている方はかかりつけ医とあらかじめ相談し、熱中症対策のアドバイスを受けましょう)       



  ダウンロード
   ▶ 
熱中症にご注意を!!(959KB)(PDF文書)

 
お問い合わせ
健康増進課
電話:0977-73-3130/FAX:0977-72-7915
企業広告バナー
バナー広告掲載について