スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

がん検診豆知識(9)

がん検診豆知識(9)
 

●若い世代に増えている“子宮頸がん”

がんのできる部位によって子宮頸がん子宮体がんに分かれます。子宮頸がんは若い世代に増加しており、ヒトパピローマウイルスというウイルスの感染に関係が深いがんです。日出町で実施している“子宮がん検診”は、子宮頸がんの発見のための検診です。
子宮頸がんが多く発生するのは、子宮頸部の入り口である外子宮口のあたりです。がん細胞の増殖はゆっくりで、正常でない細胞が浸潤がんになるのに2〜3年かかるといわれています。そのため、定期的に検診を受けて細胞診を行えば、がん細胞が見つかる前に正常でない細胞を見つけ、がんになる前の段階で診断することができます。子宮頸がんは早期発見すれば、治りやすいがんです。
子宮頸がん検診は、子宮頸部細胞診及び視診、内診です。早期発見のためにも、定期的に(2年に1度)子宮頸がん検診を受けましょう。

次回:「早期にみつかれば比較的治りやすい“乳がん”」



お問い合わせ
健康増進課
電話:0977-73-3130/FAX:0977-72-7915
企業広告バナー
バナー広告掲載について