スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

後期高齢者医療の減額認定証

後期高齢者医療の減額認定証
 

減額認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)は
申請により低所得の方の医療費・食事代負担限度額を証明するものです
減額認定証を提示すると、医療費と食事代が負担限度額までに計算され、
医療機関からの請求が少なくなり経済的負担が軽くなる制度です


低所得の方とは属する世帯の全員が住民税非課税の方です
同じ月内に複数の医療機関に入院した場合など高額療養費が支給される場合もあります
(医療費の自己負担限度額は 高額療養費のページをご覧ください)
  
FD_line

関連情報
 

申請が必要です
入院の前に交付を受け、入院先の病院窓口に出してください
代理の方でも申請できますが被保険者本人の印鑑(認印)が必要です

申請月の初日または加入された日から有効です
所得によって区分が変わりますので有効期限は
7月31日までとなっています
毎年申請が必要ですのでご注意ください
また、世帯員の異動や所得の変更などで負担区分が変わる場合は
証を返していただくことがあります


FD_line

入院前に申請できない場合は
急な入院や代理で申請する人がいないなど減額認定証の申請ができなかった場合は、
医療費は高額療養費として後で支給されますが
食事代の差額支給は申請が必要です
支払った後、翌月末までに健康増進課の窓口で申請をしてください
 必要なもの・・・○明細のわかる領収書
           ○印鑑(認印)
           ○本人名義の受け取り口座の通帳


関連情報
 
リンク
 

お問い合わせ
健康増進課
電話:0977-73-3130/FAX:0977-72-7915
企業広告バナー
バナー広告掲載について