スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

国民年金保険料猶予制度

国民年金保険料納付猶予制度
 

50歳未満の第1号被保険者で所得が一定以下の方(配偶者も含む)は国民年金保険料を後払いできるようになります
この期間は加入期間として計算されます。
将来、保険料を納めることができるようになったとき(10年以内)、さかのぼって納めることで保険料を納めていたことと同じになります。
猶予の承認を受けている期間中に障がいや死亡といった不慮の事態が生じたときには、障害基礎年金や遺族基礎年金の対象となります。

*平成28年度7月以降から30歳未満の方から、50歳未満の方に年齢の対象が引き上げられました。平成28年度6月までは30歳未満の方が対象になります。

対象者  50歳未満の第1号被保険者で所得が一定以下の方

申請に必要なもの
    年金手帳
    過去1年以内に失業された方は雇用保険受給資格者証または離職票等
    印かん(代理の方が申請されるとき)


猶予された期間は老齢基礎年金の受給資格期間には含まれますが、年金額には反映されません。その後10年以内であれば保険料を納めること(追納)ができますので、余裕が出来たときに追納することをおすすめします。
2年以上経過後は当時の保険料額に一定の金額が加算されます。



お問い合わせ
住民課
電話:0977-73-3122/FAX:0977-72-7294
企業広告バナー
バナー広告掲載について