スマートフォン版を見る

児童扶養手当とは

 
父母の離婚などで、父または母と生計を同じくしていない子どもが育成されている家庭(ひとり親家庭)
の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。

◆支給者
 18歳に達した最初の3月31日までの者または政令で定める程度の障がいを有する20歳未満の者(対象児童)を監護し、
かつ生計を同じくしている父子家庭の父または、監護している母子家庭の母等に支給されます。
 所得が一定の額を超えると一部または全部が支給されません。


◆対象児童
 ・
父母が婚姻を解消した児童
 ・父又は母が死亡した児童
 ・父又は母が政令で定める程度の障害にある児童
 ・父又は母の生死が明らかでない児童
 ・父又は母から1年以上遺棄されている児童
 ・父又は母が裁判所から保護命令を受けた児童
 ・父又は母が1年以上拘禁されている児童
 ・母が婚姻によらないで懐胎した児童
 ・その他、母が懐胎した当時の事情が明らかでない児童(孤児など)


◆手当額(平成29年4月分から)
父母の離婚などで、父または母と生計を同じくしていない子どもが育成されている家庭(ひとり親家庭)
の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。

 支給対象児1人の場合 月額42,290円~9,980円
 支給対象児2人の場合 上記金額に月額9,990円~5,000円加算
 支給対象児3人目以降 上記金額に1人につき月額5,990円~3,000円加算    

◆手当の支払
 認定請求(申請)を受理した日の属する月の翌月分から支給します。
 支払いは、年に3回下記の日程に指定した金融機関の口座に振込みます。
 該当日が土日祝日の場合はその前日に振り込みとなります。
 12月分〜 3月分の手当: 4月11日
  4月分〜 7月分の手当: 8月11日
  8月分〜11月分の手当:12月11日

◆手続き
 手当を受けようとする人の請求に基づいてのみ支給されます。
 代理請求は出来ません。
 手続きは、子育て支援課子育て支援係で出来ます。

◆届出について
 手当を受けている方は、現況届の他に届出があります。必ず届出してください。

1)現況届
  毎年8月に届け出て、引き続き支給要件に該当するか審査を受けます。
  7月末に個別にご案内を送付します。

2)資格喪失届
  ・婚姻や届出をしなくても事実上の婚姻関係となったとき   
  ・児童を監護しなくなったとき

3)住所変更届
  住所が変わったとき


※提出書類は各個人によって異なります。詳しくは子育て支援係までお問い合わせください。

申請手続きについてはこちら