スマートフォン版を見る

子ども医療費助成とは

この制度は、子どもの医療費を助成することにより、その疾病の早期発見と治療を促進し、
子どもの保健の向上を図ることを目的としています。

◆助成対象

 ・日出町に住所がある中学生までの子ども
 ・いずれかの健康保険に加入していること

◆助成内容

  保険診療に係る医療費について、下記のとおり助成を行います。
  
健康保険証と一緒に「子ども医療費受給資格者証」を医療機関に提示してください。
  大分県内の病院であれば使用することが出来ます。
  ※平成29年4月1日から小中学生の通院、調剤にかかる助成が拡充されました。

 

  0歳~未就学児   小中学生  
入院 無 料 無 料
通院 無 料 自己負担額上限500円/日
一医療機関ごと、月4回まで
(5回目からは自己負担なし)
調剤 無 料 無 料


○子ども医療費には限度額があります。
 高額療養費に該当する場合は、その自己負担限度額までの助成となります。

○保険外診療については助成対象外ですので自己負担となります。
  【助成対象外】健康診断や乳幼児健康診査、診断書等の文書作成料
         交通事故など健康保険が使えないとき

  入院等医療費が高額になりそうな場合は、「限度額適用認定証」をご用意ください。
 「限度額適用認定証」は、加入している健康保険組合等に申請して取得してください。

 

◆償還払い
 
 下記のような場合、医療機関の窓口で医療費をいったん支払わなければなりませんが、
  申請により払い戻しができます。
  ○受給資格者証を提示せずに保険診療の一部負担金を支払ったとき
  ○大分県外の医療機関で受診し、保険診療の一部負担金を支払ったとき
  ○補装具代・治療用眼鏡代を支払ったとき

 申請期限は診療月の翌月から起算して1年以内です。
 1年を過ぎると払い戻しができなくなります。
 

申請手続きについてはこちら