スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

火災が発生したら

火災が発生したら
 

火災発生イラスト

火災発生!そのときどうする?】

 火災を発見したら、何をすべきか?発見者の初動により、被害を最小限に抑えることができる。火災以下の流れに従って、落ち着いて行動しよう。決して無理をせず、火の勢いによっては避難を優先しよう。

1. 火災の発生を早く知らせる

 小さい火と思っても、一人だけで消せると思わず、「火事だーっ」と大声で叫び、家族や近所の人たちに助けを求める。もちろん消防署にも、すぐさま通報すること。

※携帯電話やIP電話など(NTT固定電話以外)でかけると、別府市や大分市の消防本部などにつながることがある。慌てず日出町で火災が発生している旨を伝え、杵築速見消防組合消防本部に電話を転送してもらおう。なお、緊急時の通報は、消防署の直通電話にかけるのではなく、必ず「119」にかけること。

2.勇気をもって初期消火を!

 「消火は出火から3分が勝負」と言われている。天井に燃え移っていなければ初期消火が可能なので、勇気と落ち着きをもってできるだけ初期消火を。消火は消火器や水だけでなく、手近な物なら何でも使用する。座布団で火をたたく、毛布で火をおおう、カーテンを引きちぎるなど。とにかくスピード勝負!

※消火器を使用する場合は、勇気をもって火にできるだけ近づき、火元に消火剤をかけるようにしよう。火元以外にかけても効果は薄い。

3.早く逃げる

 天井まで燃え広がったら、もう素人の手には負えない。煙を吸わないようにして、早めに避難しよう。避難するときは、燃えている部屋の窓やドアを可能な限り閉めて、空気を遮断するよう努めよう。


消火器消火イラスト

【火元別の初期消火方法】

 初期消火には消火器の使用が最も望ましいが、もし消火器が無い場合は以下のようにして初期消火に努めよう! 

1.油なべ

 油に水をかけるのは厳禁。大きめのタオルやシーツなどを濡らして、水が垂れない程度に絞り、なべを覆って空気を遮断しよう。火が小さければ、なべにフタをするのも有効。その後はすぐにコンロの火を消そう。

※タオルやシーツの代わりに、座布団、布団等中綿のあるものは使用できないので注意!布団等をかけると一瞬消えたように見えるが、冷却効果がないため燃え移り、火災を拡大させてしまう。また、重みでなべをひっくり返してしまう危険性も。

2.石油ストーブ

 真上から一気に水をかける。石油がこぼれて広がったら、毛布で覆ってから水をかけて消火しよう。

3.着衣

 着ている衣類に火がついたら、転げ回って消火しよう。髪の毛に火がついた場合は、化繊以外の衣類やタオルを頭からかぶって消火。

4.風呂場

 火の勢いが強まる危険があるので、すぐに戸を開けるのは禁物。ガスの元栓を締め、火勢の様子を見ながら徐々に戸を開けて、一気に消火しよう。

5.電気器具

 いきなり水をかけると感電する可能性がある。コンセントを抜いてから消火しよう。明るさが確保できていれば、ブレーカーを落とすのが望ましい。

6.カーテン・ふすま等

 燃えやすいのでたいへん危険。引きちぎったり、蹴り倒して火を天井から遠ざけよう。

 


 



お問い合わせ
総務課
電話:0977-73-3150/FAX:0977-72-7294
企業広告バナー
バナー広告掲載について
このページの先頭へ