スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

地震が起きたら

地震が起きたら
 

地震イラスト

【屋内にいたとき】

1.まず身の安全の確保

 家具が倒れたり、物が落ちてくる危険から身を守るため、揺れが始まったら急いで机の下などにもぐり込もう。激しい揺れで動けない場合は、布団やクッションなどで、頭部を保護しよう。

2.すばやく火の始末

 身の安全を確保しつつも、できるだけすばやく火の始末をしよう。揺れがおさまったら、ガスの元栓も閉め、電気器具はコンセントを抜き、ブレーカーを落とすこと。地震により火災が発生した場合、地震の規模によっては消防署や消防団の人手が足りなかったり、交通のマヒなどで火災現場にたどり着けず、消火活動が行えない可能性がある。火が天井に燃え移る前ならば初期消火できるので、「火事だ!」と大声で叫んで隣近所に助けを求め、消火に努めよう。

3.脱出口を確保

 地震の揺れによって建物がゆがみ、出入口が開かなくなることがある。揺れが一旦おさまったらドアを開けて固定し、逃げ口を確保しておこう。アパートやマンションの高階に住んでる人は特に注意が必要。

4.外へ逃げるときは慌てずに

 瓦や窓ガラスなどの落下の危険があるので、むやみに外へ飛び出さない。頭部の保護などを行い、落下物に注意して避難すること。


【屋外にいたとき】

1.住宅街や商店街などにいたら

 ブロック塀や看板、自動販売機、電柱などから離れ、落下物に注意して、倒壊するような建物等がない広場などに避難しよう。 

2.電車等の車内にいたら

 急停車に備え、つり革や手すりなどにしっかりつかまる。停車しても勝手に車外に出ず、乗務員の指示に落ち着いて従うこと。多数の人が乗車している場合、自分勝手な行動はパニックの元となる。

3.自動車を運転していたら

 地震を感じたら徐々に速度を落とし、道路の左端に寄せてエンジンを切る。揺れがおさまるまで車外に出ず、カーラジオで地震情報を聞くこと。なお、車外に避難するときは、必ずキーを付けたままにし、ドアロックもしないこと。

4.海岸付近にいたら

 津波の危険があるので、地震を感じたらすぐに高台へ避難しよう。津波のスピードはとても速く、津波警報などの情報が出る前に到達してしまうこともある。「より遠く」ではなく、「より高く」迅速に避難することが重要。また、津波は繰り返し襲ってくるので、1回目が過ぎ去っても安心せず、津波警報等が解除されるまで海岸付近には絶対近づかないこと。


避難イラスト

【避難について】

 避難は状況を見極めて、落ち着いて避難しよう。混乱を招かないためにも、ルールと秩序を守り、お互いに協力し合おう。

1.避難時の装備

 ヘルメットや防災ずきんで頭を保護し、長袖・長ズボンを着用しよう。靴はなるべく底が厚く、履きなれたものが良い。軍手があればそれも着用し、なるべく肌が露出しないようにしよう。また、両手の自由がきくように、持出品などはリュックサックに入れよう。

2.避難の方法

 家族だけで避難するよりも、できるだけ近所の人たちと集団で避難しよう。はぐれないよう、お年寄りや子どもの手はしっかり握り(ロープでお互いの体を結ぶのも良い)、壁ぎわや川べりを避け、できるだけ広い道を通って移動しよう。また、避難は徒歩で行うのが基本。車やバイクを使用すると渋滞などが発生し、かえって避難が遅れるうえ、適切な救助活動に支障をきたす。

3.日頃の備え

 地区ごとに避難場所が指定されているので、いざという時に迷わないよう、日頃から避難場所の下見及び避難経路の確認をしよう。また、それらの情報を家族みんなで共有し、離れ離れになったときの連絡方法(家の玄関などに行き先を書いたメモを残すなど)を決めておこう。

↓↓↓避難場所や津波浸水想定区域などは「日出町防災マップ」でチェック!↓↓↓


リンク
 

お問い合わせ
総務課
電話:0977-73-3150/FAX:0977-72-7294
企業広告バナー
バナー広告掲載について