スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

平成29年度分 個人住民税の申告について(ご案内)

平成29年度分 個人住民税の申告について(ご案内)
 

平成29年度分 個人住民税の申告について(ご案内)

 この申告は、平成29年度町県民税、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料等の算定基礎となるほか、公営住宅の申し込み、保育園の保育料の算定、扶養認定等で各種証明発行の際の資料となる重要な手続きです。


【申告を行う必要のある方】

  ◇賦課期日(平成29年1月1日)現在、日出町に居住している方。
  ◇平成28年中に収入が無い場合でも、次の場合は申告が必要になります。
   ◎保育園の保育料の算定、扶養認定、融資等で所得証明書、課税証明書が必要な場合
   ◎国民健康保険に加入している場合
      ※申告が無い場合、低所得者の方が受けられる軽減措置が受けられません。
   ◎遺族年金、障害年金等の非課税収入のみの方
   ◎公営住宅入居、児童手当、国民年金の納付猶予等の手続きをする場合
   ◎親族の確定申告書、給与支払報告書(年末調整)等で扶養控除の対象になっていない方
   ◎平成29年1月1日現在、日出町外に居住の親族の扶養控除の対象になっている方
  ◇営業等・農業・不動産・雑(公的年金以外)・一時・配当等の所得があった方で、
         所得税の確定申告の必要のない方。

【申告を行う必要のない方】

  ◇所得税の確定申告を行う方。
  ◇給与所得のみで、勤務先事業所より給与支払報告書の提出のあった方。
  ◇公的年金等に係る所得のみで、公的年金等支払報告書の提出のあった方。
※給与所得・公的年金収入のみの場合でも次の控除を追加・変更する場合には申告が必要です。
         ・医療費控除
         ・社会保険料控除
         ・生命保険料控除
         ・地震保険料控除
         ・配偶者控除/扶養控除
         ・障害者控除         など
  ◇平成29年1月1日現在、日出町内に居住の親族の扶養控除の対象になっている方。
 

詳細については下記をご覧ください

平成29年度町県民税申告のお願い
住民税のあらまし

 


【所得税の確定申告について】

 所得税の納付や還付を受ける場合には確定申告が必要となります。
     ※所得税の確定申告を行った場合は、町県民税の申告は必要ありません。
 所得税の確定申告についての詳細は、下記をご参照ください。

   国税庁ホームページ
       
   
   確定申告特集ページ(パソコン版)
                        

   

  


 



お問い合わせ
税務課
電話:0977-73-3123/FAX:0977-72-7294
企業広告バナー
バナー広告掲載について