スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

パスポート(旅券)の申請・交付について

パスポート(旅券)の申請・交付について

平成21年4月1日により、日出町でのパスポートの申請受付・交付がはじまりました

   これまで大分県東部振興局別府事務所において取り扱っていましたパスポートの発給事務について、日出町役場で行うようになりました。 なお、大分市パスポートセンター(大分市役所本庁庁舎地下1階)でも今までどおり申請することもできます。

   海外旅行にでかけるときは、必ずパスポートが必要です。
   それは、パスポートが日本人であることを証明してくれるほぼ唯一の『国籍証明書』であり、 保護要請を果たす公文書でもあるからです。自分の存在について何の根拠もない海外で、自分が日本人であり何者であるかを具体的に証明できる、 唯一の手段となる大切な書類です。

   そのため、申請から受領までには一定の手続きが必要です。


■日出町で申請できる方について

  平成28年7月4日より日出町に住民登録されている方のみでなく、 ”県内に住民登録をしている方”は、県内すべての市町村で申請を行うことができるようになりました。ただし、旅券受取は申請した窓口でとなりますのでご注意ください。

 
旅券の申請は、住民登録地で行うことが原則ですが、例外的に居所地の旅券窓口で申請(居所申請)できる場合があります。 居所申請の対象者は、一時帰国者、船員、学生・生徒、長期出張・単身赴任者等です。 居所申請を希望される方は、必ず事前に旅券窓口にご相談の上、本人が申請においでください。

■日出町で取り扱う旅券事務の種類について

   ※下記以外の手続きについては、すべて大分市パスポートセンターでの受付となりますので、ご注意ください。
 

日出町でできる申請の種類 申請の内容
新規(新たにつくる) 初めての申請や有効期間切れによって新たにパスポートをつくるとき。
切替(今あるパスポートをつくりかえる) パスポートの有効期限があと一年未満となったとき、査証欄が残り少なくなったとき、有効期間内のパスポートを紛失・焼失・損傷したとき。
記載事項の変更 氏名や本籍が変わり、パスポートの記載事項を変更するとき。
(お持ちの旅券の有効期限はそのままとなります。)
査証欄の増補 パスポートの査証欄に記載の余白がなくなったとき。
その他 紛失届・返納旅券の受理もできます。
 

■受付場所および時間について

   受付場所:  役場1階 住民課

   受付時間:  月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の8時30分〜17時まで
 

 

■所要日数

   ※書類の不備などで、下記の日数でお渡しできない場合があります。余裕を持って申請してください。
 

一般旅券の場合
大分市パスポートセンター 6日(土日、祝祭日を除く)
日出町役場 8日(土日、祝祭日を除く)
増補の場合
大分市パスポートセンター 即日(土日、祝祭日を除く)
日出町役場 5日(土日、祝祭日を除く)
 

■一般旅券申請に必要なもの

    
―旅券の交付申請時に必要なもの―
1.一般旅券発給申請書(10年用と5年用の2種類、20歳未満は、5年用に限る)………1枚
 ※申請書は、各パスポートセンターのほか、日出町役場をはじめ、県内各市町村役場にも置い 
 てあります。
 (但し、市町村については常備ではありませんので、ご確認ください。)
 
2.戸籍抄(謄)本(6か月以内に発行されたもの。未成年者は原則として謄本)………1通
  (有効期間内に切り替える方は省略できる場合がありますが、申請書に本籍地の記入が必要な
  ため、本籍を番地まで確認の上、申請してください。)

 ※同一戸籍で同一世帯の家族の同時申請
      同時に申請する場合は、戸籍謄本を共通で使用できます。
      但し、そのうちの1人が受理できない場合は、残りの申請も受理できなくなりますので、ご
  注意ください。

3.写真(6か月以内に撮影したもの)………1枚

   

   現在旅券の申請に当たり提出頂く写真は、国際民間航空機関(ICAO)の勧告に基づき、右のとおりの規格としております。旅券の写真は海外渡航に当たり自分自身を証明するための大変重要なものであるということを 十分留意して、以下の「適当な写真例」、「不適当な写真例」を参考に規格に合った写真を提出していただくようお願いします。

 


   
 



           
●指定の規格(下図の寸法)を全て満たし、
 容易に人物特定できるもの。
●申請者本人のみが撮影されたもの
●縁なし・無背景・無帽で正面を向いたもの
 
<不適当な写真例>
詳しくは、外務省旅券課、各都道府県の旅券窓口、または各日本大使館・総領事館へお問い合せ下さい。

4.身元確認書類(有効な原本、コピー不可)

   いずれか1つ(場合によっては2つ)を提示する

  1. 1つでよいもの
     
        日本国旅券(失効後、6ヶ月以内のもの)、個人番号カード
     運転免許証(仮運転免許証含む)
     船員手帳、海技免状、住民基本台帳カード(写真付き)
     官公庁職員身分証明書など
     身体障害者手帳(貼り替えできない写真付き)
  2. 2つ必要なもの(aから2点、又はa+bの2点)      
       a

       欄

       健康保険(社会保険、国民健康保険、後期高齢者医療保険など)の被保険者証
    共済組合員証、介護保険被保険者証
    国民年金・厚生年金等の年金手帳(若しくは、年金証書)
    共済年金若しくは恩給等の証書
    医療受給者証
    身体障害者手帳
       b

       欄

       在学証明書
    写真貼付の学生証
    写真貼付の会社の身分証明書
    写真貼付の公の機関が発行した資格証明書
    療育手帳
    失効旅券
    ※上記の身元確認の書類を揃えにくい場合は、各窓口まで問い合わせてください。

5.パスポートを取得したことがあればそのパスポート

住民票は、大分県内に住民登録をしている方は原則不要ですが、
   住民登録変更(転入・転出)直後に申請される場合は、住民票が必要になることがあります。
   詳しくは、パスポートセンターまたは役場住民課までお問い合わせください。

※パスポートの申請・受領に際し、印鑑は必要ありません。

    
―旅券の受領時に必要なもの―
  パスポートの受取は年齢に関係なく(乳幼児も)、代理受領は出来ません。必ず名義人が下記のものを準備の上、6ヶ月以内に窓口にお越しください。     
1. 申請時に渡された引換証
2. 手数料
種類 申請時年齢 合計 収入印紙 大分県収入証紙
10年用 20歳以上 16,000円 14,000円 2,000円
5年用 12歳以上 11,000円 9,000円 2,000円
12歳未満 6,000円 4,000円 2,000円
 

■切替申請について

   切替申請ができる人は次のイからニに該当する場合です。

   (イ)旅券の残存有効期間が1年未満の場合
   (ロ)旅券査証欄の余白がなくなった場合(1回限り増補も可)
   (ハ)非IC旅券をIC旅券に希望する場合
   (ニ)旅券面の記載事項に変更が生じた場合(変更申請も可)

   ※(イ)(ロ)(ハ)の切替申請の場合で、氏名、本籍地、親権者に変更がなければ、戸籍抄(謄)本が
      省略できます。

 

■記載事項変更申請について

    
―変更申請に必要なもの―

1. 一般旅券発給申請書(記載事項変更用)  ……………………………………1枚

2. 戸籍抄本または謄本(6か月以内に発行されたもの)………………………1通

3. 写真(6か月以内に撮影されたもの)…………………………………………1枚

4.変更を受けようとする旅券

5.手数料6,000円(印紙4,000円、証紙2,000円)

 

 ※有効期間はお持ちのパスポートの有効期間のままになります。
 ※新規のパスポートを申請することも可能です。

  

 

■その他手続きについて

    
代理申請について
1.   申請は、原則として本人ですが代理申請もできます。ただし、受取人は本人に限ります。

2.   申請書に必要事項を本人が記入し、代理人に預けてください。
      ※表の所持人自署欄、裏の申請者署名欄、「申請書類等提出委任申出書」の点線より上の欄
         は、必ず申請者本人の自署が必要です。

3.   申請に必要な書類を全て預かり、持参してください。
     (身元確認書類は全て原本、コピー等不可)
      代理人の身元確認書類も必要です。

4.   申請書及び申請案内は、各パスポートセンターのほか、日出町役場をはじめ県内市町村役場
      の窓口にも置いています。
      (但し、市町村については常備ではありませんので、ご確認ください。)

 
※代理ができない場合
・刑罰等関係該当者
・旅券の二重発給申請
・緊急発給等、早期交付申請
・渡航先追加申請
・代理人が、申請者について事情を把握していない場合
・紛失一般旅券等届出書提出※本人申請を原則とするもの・居所申請※10名以上の申請を代理で
  する場合は、あらかじめ各窓口まで、ご相談ください。
 
未成年者の申請について
1.   乳幼児も年齢に関係なく、旅券(5年用)が必要です。

2.   申請書の法定代理人の欄に親権者または、後見人の署名が必要です。

3.   親権者が、同時に窓口に来れない等の理由で申請書に署名することができない場合は、
  親権者の署名のある「旅券申請同意書」を提出することで、法定代理人署名に替える
  ことができます。
 
 
リンク
お問い合わせ
住民課
電話:0977-73-3122/FAX:0977-72-7294
企業広告バナー
バナー広告掲載について