スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

戸籍の届出

◎戸籍の届出
住民課 戸籍住民係 TEL(0977)73- 3122
◆出生届◆
いつまでに 生まれた日を入れて14日以内
だれが 父または母、同居人、出産に立ち合った医師や助産婦の順
どこへ ○父母の本籍地か所在地、または生まれた場所の市区町村役場
届けに
必要なもの
○出生証明書(出生届の右側についています)・・・医師の証明
○印鑑
○母子健康手帳
○国民健康保険証(加人者のみ)
 
◆死亡届◆
いつまでに 死亡の事実を知った日から7日以内
だれが 親族、同居人、家主、地主、管理人の順
どこへ ○本籍地または届出人の所在地、あるいは亡くなった場所の市区町村役場
届けに
必要なもの
○死亡診断書(死亡届の右側についています)・・・医師の証明
○印鑑、印鑑登録証(登録者のみ)
○国民健康保険証(加入者のみ)
○老人保健医療受給者証
(70歳以上の者及び65歳以上でねたきり老人の認定を受けた者)
 
◆婚姻届◆
いつまでに 期限はありません 届けた日から効力が生じます。
だれが 夫と妻(旧姓で届けます)
どこへ ○夫または妻の本籍地、あるいは所在地の市区町村役場
届けに
必要なもの
○本籍地でない市町村役場へ届ける場合は戸籍謄本も1通必要です。
  住所など異動がともなうときは住民異動届も必要です。
  (町外から住所を移す場合は転出証明書が必要です)
○印鑑、夫と妻の旧姓の印
○国民健康保険証(加入者のみ)
○年金手帳(加入者のみ)
 
◆離婚届◆
いつまでに 期限はありません。 届けた日から効力が生じます。
(調停離婚は成立後10日以内)
だれが 夫と妻(調停離婚は申立人)
どこへ ○夫婦の本籍地、あるいは夫または妻の所在地の市区町村役場
届けに
必要なもの
○本籍地でない市町村役場へ届ける場合は戸籍謄本も1通必要です。
  住所など異動がともなうときは住民異動届も必要です。
  (町外から住所を移す場合は転出証明書が必要です)
○印鑑
○国民健康保険証(加入者のみ)
○老人保健医療受給者証
○年金手帳(加入者のみ)
 
◆転籍届(本籍を変える届)◆
いつまでに 期限はありません 。届けた日から効力が生じます。
だれが 戸籍の筆頭者と配偶者
どこへ ○本籍地または所在地のほか、新本籍地の市区町村役場
届けに
必要なもの
○戸籍謄本1通(町内からの町内への転籍をのぞく)
○筆頭者と配偶者の印鑑

※戸籍届出の際の本人確認について※
 
  平成20年5月の戸籍法の改正により、戸籍届出の際の「本人確認」が法律で義務付けられました

  本人の知らない間に婚姻や養子縁組などの届出がなされるという、虚偽の戸籍届出事件が日本全国で発生しています。
  このような第三者のなりすましによる不正な行為を防ぎ、戸籍の正確性を確保するため、下記の届出について、 届出の際に届書を持参された方の本人確認を行いますので、ご理解とご協力をお願いします。

対象となる届出
婚姻、協議離婚、養子縁組、養子離縁、認知の5つの届出
(家庭裁判所の許可を受けているものは除きます)

本人確認書類
運転免許証やパスポート、顔写真付き住民基本台帳カードなど、官公署発行の顔写真付きの身分証明書

なお、顔写真つきの身分証明書をお持ちでなく、ご本人の確認が出来なかった方につきましては、後日届出があったことを、郵送でご連絡いたします。
 
詳細については法務省ホームページをご覧ください。

<謄本と抄本>
  戸籍に記載されているもの全部を写したものが謄本で、その戸籍のうち必要とする部分だけを写したものが抄本です。
  戸籍の電算化により、全部事項証明・個人事項証明と名称が変わりましたが、同じものです。

  戸籍関係のその他の届けには、認知届・養子縁組届・養子離縁届・分籍届・氏名の変更届・後見届・入籍届・不受理申出があります。

  これらの手続の方法は、それぞれ異なっていますので住民課へお問い合わせください。


お問い合わせ
住民課
電話:0977-73-3122/FAX:0977-72-7294
企業広告バナー
バナー広告掲載について