スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

平成27年度 介護保険制度改正の内容

平成27年4月より順次、介護保険制度が次のように変わります。
 
                       
【概要】                      
  ■介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)入所基準の変更  [平成27年4月から]
  ■介護保険料の金額・段階の変更  [平成27年4月から]
  ■総合事業への移行  [平成27年4月から]
    要支援の方が利用する「訪問介護予防」・「訪問通所予防」が変わります。
  ■食費・居住費の補足給付に係る認定要件の変更  [平成27年8月から]
    補足給付とは、低所得に該当する施設利用者の食費・居住費を補てんするものです。
  ■一定以上の所得がある利用者の自己負担額を2割へ引き上げ  [平成27年8月から]
  ■高額介護サービス費の月額上限額の変更  [平成27年8月から]
                         
  介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)入所基準の変更 平成27年4月から
   介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)への新規入所者は、原則として要介護度3以上の方が対象となります。これは在宅での生活が困難な中重度の要介護者を支える施設としての機能に重点化を図るためのものです。
 ただし、3月末までにすでに入所されている方は、引き続き入所することができます。
 また、要介護度1・2の方であっても認知症により在宅での生活が困難な状態にある方など、やむ得ない事情により、介護老人福祉施設以外での生活が著しく困難であると認められる場合には、特例的に入所が認められます。
                    TOPへ→  
                         
  介護保険料の金額・段階の変更   平成27年4月から
   介護保険料の基準額は、3年ごとに見直しを行っています。平成27年度から平成29年度までの3年間については、新たな保険料基準額となります。
 また、平成27年度より、保険料段階の区分が従来の6段階から10段階へ増え、所得水準に応じてよりきめ細やかな保険料設定を行うこととなりました。
  【第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料】                
  平成27年度から平成29年度    
  保険料段階区分 保険料の
調整率
保険料(年額)    
  第1段階 生活保護の受給者 または
世帯全員が町民税非課税の老齢福祉年金※1受給者   または
世帯全員が町民税非課税かつ本人公的年金等収入+合計所得金額が80万円以下
基準額
×
0.45
30,700円    
  第2段階 世帯全員が町民税非課税かつ
本人公的年金等収入+合計所得金額が80万円超120万円以下
基準額
×
0.75
51,200円    
  第3段階 世帯全員が町民税非課税かつ
本人公的年金等収入+合計所得金額が120万円超
基準額
×
0.75
51,200円    
  第4段階 本人が町民税非課税かつ
本人公的年金等収入+合計所得金額が80万円以下
基準額
×
0.84
57,400円    
  第5段階 本人が町民税非課税かつ
本人公的年金等収入+合計所得金額が80万円超
基準額 68,300円    
  第6段階 本人が町民税課税かつ
合計所得金額が120万円未満
基準額
×
1.2
82,000円    
  第7段階 本人が町民税課税かつ
合計所得金額が120万円以上190万円未満
基準額
×
1.3
88,900円    
  第8段階 本人が町民税課税かつ
合計所得金額が190万円以上290万円未満
基準額
×
1.5
102,500円    
  第9段階 本人が町民税課税かつ
合計所得金額が290万円以上500万円未満
基準額
×
1.7
116,200円    
  第10段階 本人が町民税課税かつ
合計所得金額が500万円以上
基準額
×
2.0
136,700円    
  ※1 明治44年(1911年)4月1日以前に生まれた方、または大正5年(1916年)4月2日以前に生まれた方で一定の要件を満たしている方が受けている年金です。    
                         
    平成24年度から平成26年度までの保険料が知りたい方はこちら      
                    TOPへ→  
                         
  総合事業への移行 平成27年4月から
   要支援1・2の方が利用している「介護予防訪問介護」及び「介護予防通所介護」のサービスが変わります。従来の予防給付は、全国一律のサービスでしたが、今後は市町村のニーズに合わせた取組みができる総合事業に移行し、サービス内容・料金などが変更します。
 また、移行後のサービスである「訪問型サービス(従来の介護予防訪問介護)」もしくは「通所型サービス(従来の介護予防通所介護)」のみ利用する場合については、要支援認定を受けなくても、基本チェックリストの判定によりサービスを利用できるようになります。ただし、これ以外の「介護予防訪問看護」や「介護予防通所リハビリテーション」などのサービス利用をご希望される場合は、今までどおり、要支援認定が必要となります。
  ◇総合事業のサービス内容・料金など詳細については、こちらをご覧ください。
                    TOPへ→  
                         
  食費・居住費の補足給付に係る認定要件の変更   平成27年8月から
   介護保険では、特別養護老人ホームなど介護施設入所に係る費用のうち、食費や居住費は本人の自己負担が原則となっていますが、町民税非課税世帯である低所得の入所者に対して、食費や居住費を補助しています。
 この制度は、申請により審査を行い、認定要件に該当した方に対して認定決定を行ったうえで減免を実施していますが、平成27年8月からは次の(1)もしくは(2)に該当する方は、対象外となります。

 (1)配偶者が住民税課税者である場合
      (事実婚も含みます。また、世帯が別であっても判定対象となります。)
 (2)預貯金・信託・有価証券等が単身で1,000万円(夫婦の場合は2,000万円)を超える場合
  認定を受けた方の自己負担額は下表のようになります。              
  【居住費・食費の自己負担限度額表】                
  区分 居住費 食費
  従来個室 多床室 ユニット型
個室
ユニット型
準個室
  ・生活保護受給者の方等
・世帯全員が町民税非課税で老齢福祉年金受給者の方
490円 0円 820円 490円 300円
  (320円)
  世帯全員が町民税非課税で、前年の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方 490円
(420円)
370円 820円 490円 390円
  世帯全員が町民税非課税で、上記に該当しない方 1,310円
(820円)
370円 1,310円 1,310円 650円
  上記に該当する方であっても、次のどちらかにあてはまる方は認定を受けることができません。
 (1)配偶者が住民税課税者である場合(世帯が別であっても対象外となります。)
 (2)預貯金等が単身で1,000万円(夫婦の場合は2,000万円)を超える場合
                         
  現在認定を受けている方の有効期限は平成27年7月31日となっています。
引き続き、認定を受けるためには更新申請が必要となります。更新時期に役場から申請案内の通知を行いますが、今年から下記の添付書類が必要になります。
    ◎預貯金通帳等の写し      
                    TOPへ→  
                         
  一定以上の所得がある利用者の自己負担額を2割へ引き上げ 平成27年8月から
   第1号被保険者に係る介護保険サービスの自己負担について、2割負担を導入し、利用者の所得に応じて1割もしくは2割の負担割合を決定します。2割負担となるのは、基準以上の所得を有する本人だけであり、同一世帯員であっても、その方自身の所得が基準以上でなければ、同一世帯員の方は1割負担となります。
 平成27年7月末までに、認定者の方全員にご自分の負担割合が記載された「介護保険負担割合証」を送付しますので、届きましたらご確認ください。負担割合は、前年の所得に応じて決定されますので、「介護保険負担割合証」は毎年7月頃に交付されます。
 負担割合の所得基準につきましては、下表をご参照ください。
  【自己負担割合の判定基準】                  
                         
  区  分 負担割合      
  本人の合計所得金額(※1)が160万円以上 下記以外の人   2割負担      
  同一世帯である第1号被保険者の全員の年金収入+その他の合計所得金額(※2)が単身で280万円(2人以上世帯の場合346万円)未満の人   1割負担      
  本人の合計所得金額(※1)が160万円未満 1割負担      
  ※1 「合計所得金額」とは、収入から公的年金控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額      
  ※2 「その他の合計所得金額」とは、合計所得金額から所得税法第35条第2項第1号に掲げる額(公的年金等の収入金額から公的年金等控除額を控除した残額)を除いた額      
                         
            【交付される介護保険負担割合証(見本)】            
 
 
                     
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                         
                    TOPへ→  
                         
  高額介護サービス費の月額上限額の変更   平成27年8月から
   介護保険では、同じ月に利用した介護サービスの自己負担額の合計が高額になり、定められた限度額を超えた場合に、超えた金額について「高額介護(予防)サービス費」として本人の申請により支給される制度があります。この同一世帯における月額上限額が下記のように変更になります。
                     
  区   分 個人上限額 世帯上限額
  現役並み所得者 同一世帯に課税所得145万円以上の第1号被保険者おり、一般に該当しない方 44,000円 44,000円
  一  般 住民税課税世帯の方、または、
上記の「現役並み所得者」に該当するが、同一世帯内にいる第1号被保険者全員の収入の合計が520万円(対象が1人の場合は383万円)に満たない方で申請をされた方
37,200円 37,200円
  住民税非課税世帯 本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方 24,600円 24,600円
  ・老齢福祉年金受給者の方
・本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方
15,000円 24,600円
  生活保護受給者 15,000円 24,600円
 
 
                     
                         
                         
                         
                         
                         
                         
 
 
                     
                     
  区   分 個人上限額 世帯上限額
  住民税課税世帯の方 37,200円 37,200円
  住民税非課税世帯 本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方 24,600円 24,600円
  ・老齢福祉年金受給者の方
・本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方
15,000円 24,600円
  生活保護受給者 15,000円 24,600円
                         
                    TOPへ→  
                         
                         
                         
お問い合わせ
健康増進課
電話:0977-73-3130/FAX:0977-72-7915
企業広告バナー
バナー広告掲載について
このページの先頭へ