スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

3R活動の推進について

3R(スリーアール)とは、ごみを減らすための取組です。


3Rとは、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つの英語の頭文字をとった言葉で、意味は次のとおりです。

◆リデュース(Reduce):減らす=ごみになるものの発生を抑制する。

◆リユース(Reuse):再使用=使える物は繰り返し使う。

◆リサイクル(Recycle):再資源化=分別して再び資源として利用する。


リデュース:減らすとは、ここではごみを減らすという意味で、具体的には、

・買物にはマイバックを持って行き、レジ袋はもらわない。
・余分な包装は断る。
・必要以上に物を買わない。
・調理の際の生ごみの水切りをしたり、堆肥化をすることです。

 生活環境課では、家庭用生ごみ処理容器設置費補助金がありますので、ご活用ください。

   ■リンク
    家庭用生ごみ処理容器設置費補助金について

    生ごみ処理容器設置費補助金交付申請書


リユース:再使用とは、一度使った物を繰り返し使うことです。

・リターナルびんの積極的な利用。
・一度使った物は大切に使い、修理しながらできるだけ長く使う。
・不要になっても使える物は必要としている人に譲る。
・リサイクルショップを利用する。


リサイクル:再資源化とは、分別して再び資源として利用することです。

・ごみを正しく分別して出す。
・地域で実施する集団回収などに協力する。


3R(スリーアール)活動とは、上の3つのRに取り組むことでごみを限りなく少なくし、そのことでごみの焼却や埋立処分による環境への悪い影響を極力減らすことと、限りある地球の資源を有効に繰り返し使う社会(=循環型社会)をつくるものです。

最初の一歩としてリサイクルが進められてきましたが、それだけでは資源の枯渇や二酸化炭素排出を止めることはできません。今後は、優先順位が高いものの取組が遅れているリデュースとリユースの取組を進めていくことが重要になっています。

   ■リンク
    大分県ホームページ:3Rハンドブック
お問い合わせ
生活環境課
電話:0977-73-3128/FAX:0977-73-3169
企業広告バナー
バナー広告掲載について