スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

町長室

日出町長  本田 博文(ほんだ ひろふみ)


 新年あけましておめでとうございます。
 
 皆さまにおかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 平素より町政の推進に、温かいご理解とご協力を賜っておりますことに、心より感謝申し上げます。

 昨年は、平和商事㈱が川崎工業団地で操業を開始、東和運送㈱大分日出営業所が同団地内にて落成、そして㈱クロスケミ大分が日出町への進出を決定するなど、企業立地の進んだ年でした。
 
 また、一次産業では高品質・高糖度のカボチャの試作に取り組みました。糖度20度以上のカボチャを生産し、日出町のブランドの一つに育てることを目的として、1,500本の植え付けを行った結果、20度以上のものが30%ほど生産できました。この取り組みを知った日出総合高校の生徒さんからブランド化への協力の申し出があり、新メニューの開発などを行ってくれています。

 そして、健康づくりにも取り組みました。県の行った調査によると、日出町民は食塩の摂取量が県内で一番多いことが分かりました。そこで、皆さまの健康を守るために食塩摂取量減少のための『節塩』を進めています。この取り組みは、外食が多くなってきている昨今、家庭内での取り組みだけでは限界があることから、飲食店やスーパーマーケットのご協力をいただいて行っています。

 さらに、観光面では8月末にパークゴルフ場が糸ヶ浜海浜公園内に完成しました。11月末までに2,475名の利用があり、同公園の新たなスポットとして認知されてきていると感じています。周辺にはホテルソラージュを始めとする多くの観光施設がありますので、これらとの相乗効果で賑わいが一層高まることを願っています。

 そのほか、子ども医療費助成の拡充や給付型奨学金の創設も行いました。

 ところで、町は昨年、『第5次日出町総合計画』を策定しました。2025年度を目標年次とし、まちの将来像を『住むことに喜びを感じるまち』としています。これを実現するために、安全・安心な生活環境づくりや地域福祉の推進、子育て環境の整備、健康づくり、地域資源を活用した産業振興などに取り組んでまいります。

 今年も皆さまのご支援、ご協力をいただきながら『住むなら日出町』と言われるようなまちづくりに取り組んでまいりますので、よろしくお願いします。

 本年が皆さまにとって良い年でありますようお祈り申し上げまして、新年のごあいさつといたします。


 

平成30年1月1日  日出町長 本田 博文
 

町長略歴


氏  名  本田 博文(ほんだ ひろふみ)
生年月日  昭和28年7月14日
昭和28年 日出町豊岡に生まれる 豊岡小学校 日出中学校卒業
昭和47年 大分工業高校電子科卒業 富士通(株)に就職
昭和50年 大分大学経済学部入学
昭和55年 大分県庁入庁 
      国民健康保険、地域医療、福祉、県税、地域振興等の業務に従事
平成25年 大分県退職 公益財団法人大分県奨学会就職
平成28年 日出町長就任


 

「町長室から」(広報ひじ掲載コラム)


「町長室から(第10回)」(広報ひじ平成30年2月号掲載)

「町長室から(第9回)」(広報ひじ平成29年12月号掲載)

「町長室から(第8回)」(広報ひじ平成29年11月号掲載)


「町長室から(第7回)」(広報ひじ平成29年10月号掲載)


「町長室から(第6回)」(広報ひじ平成29年9月号掲載)

「町長室から(第5回)」(広報ひじ平成29年8月号掲載)

「町長室から(第4回)」(広報ひじ平成29年7月号掲載)

「町長室から(第3回)」(広報ひじ平成29年6月号掲載)

「町長室から(第2回)」(広報ひじ平成29年5月号掲載)

「町長室から(第1回)」(広報ひじ平成29年4月号掲載)
 
お問い合わせ
総務課
電話:0977-73-3150/FAX:0977-72-7294
企業広告バナー
バナー広告掲載について
このページの先頭へ