スマートフォン版を見る
ライフシーンから探す
  • 妊娠<br />出産妊娠
    出産
  • 子育て子育て
  • 教育教育
  • 相談相談
  • 仕事仕事
  • 結婚<br />離婚結婚
    離婚
  • 税金税金
  • 引越<br />住まい引越
    住まい
  • ごみごみ
  • 介護<br />福祉介護
    福祉
  • 生涯<br />学習生涯
    学習
  • おくやみおくやみ

こころのまど(町報7月号掲載分)

こころのまど

すべての人の人権が尊重される社会をめざして

『 星とたんぽぽ 』
            金子みすゞ
  
    
              
                      
青いお空の底ふかく、                      
海の小石のそのように、  
夜がくるまで沈んでる、
昼のお星は眼にみえぬ。
    見えぬけれどもあるんだよ、
    見えぬものでもあるんだよ。


                    
 

散ってすがれたたんぽぽの、
瓦のすきに、だァまって、

春のくるまでかくれてる、                                    
つよいその根は眼にみえぬ。     
    見えぬけれどもあるんだよ、
    見えぬものでもあるんだよ。

        金子みすゞ
          「てのひら詩集」より

1 人権ってなあに ?
  
 …気づくことから はじめましょう。
▽あなたは、人の言動で傷ついたことは
ありませんか?
▽あなたは、誰かを傷つけてしまったこと
はありませんか?
 
自分のことばや行動で人を傷つけていないか、嫌な思いをしている人がいないか、時々立ちどまって考えてみてはいかがでしょう。
自分と同じように、相手(他の人)の思いも大事に考えることが、「人権」を考える初めの一歩だと言えます。


2 「人権」って身近にある ?

子どもの虐待やいじめの問題、セクハラなどの女性差別の問題、障がい者の人権問題、高齢者の人権問題、外国人の人権問題、日本固有の同和問題等々……。 
私たちの周りには、さまざまな「人権問題」とよばれることがらが起こっています。ブラック企業による労働問題も人権問題の一つです。
自分が自分らしくあるための権利を知ることはとても大事なことです。同時に、私たちみんなが豊かに幸せに生きていくためには、一人ひとりが「差別やいじめのない社会」や、「誰もが自分らしく生きられる社会」、「人権が守られる社会」をめざす気持ちが大切です。


3 二十一世紀はどんな社会に ?

戦争に明け暮れた20世紀を経て、21世紀は「人権の世紀」と呼ばれています。
しかし、決して安心できる情勢ではありません。
 世界に目をむければ、「人種差別」や「宗教対立」、「地域紛争」や「民族紛争」などで様々な人権問題が生じています。殺戮の場から逃れてくる難民の人々の問題は、いまや世界的な人権問題になっています。
平和のないところには、人権は存在しない。
人権のないところには、平和は存在しない。
 21世紀を真の「人権の世紀」とするためには、いつでも、どこでも、人権を尊重する意識を持ち、社会全体に根付かせ、戦いや差別を許さない社会を築くことが何より大切です。

「平 和」と「人 権」
見えないけれども、大切です。
        

住 民 課
生涯学習課
 

お問い合わせ
住民課
電話:0977-73-3122/FAX:0977-72-7294
企業広告バナー
バナー広告掲載について
このページの先頭へ